奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トロンボーン用無料楽譜】エルノ・ラペー作曲「シャルメーヌ」(Charmaine)Trombone sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

曲の由来

最初は、この曲はワルツとして作曲されてものでしたが、のちにすぐにポップスとして認識さて行きます。そして、繰り返しリバイバルとして多くの楽団によって演奏されます。

元々は、米国の無声映画の “What Price Glory?”につけられた曲で、最もレコーディングで売れたのは、ガイ・ランバード楽団で、1927年には7週連続1位となっていました。そして、映画” Two Girls and a Sailorand”にも採用されました。1944年にはハリージェイムス楽団がレコーディングをしています。

ロナルド・ビンジによるアレンジのバージョンでマウントバーニー楽団の演奏によるものは、アメリカにおけるロナルド・ビンジ(マウント・バーニー楽団のアレンジャーとして活躍した英国人)の1951年の最初のヒットとなりました。このレコーディングでは1951年のビルボード連続19週にわたって入り、最大で10位でした。同年には、ほかの楽団もこの曲のレコーディングを行っています。

また、1963年のバチェラーズ(男性ボーカル3人組)のバージョンは英国のチャートの第6位となっています。

50年近く前の高校生ぐらいから、やっと12時ぐらいまで起きていられるようになって、FMラジオのジェットストリームという番組があることを知り、よく聞いていました。ただ、12時30分ぐらいで、寝てしまったように記憶しています。この曲も多分、そこできいたのか、その前に知ったのかわかりませんが、いい曲だという認識でした。最近、といっても多分、2,3年前、海外のMIDIファイルを探していて、この曲をたまたま見つけて、それをもとに楽譜にしてみました。どんどん海外のほうもMIDIからMP3へ音楽ファイルが移行しているようで、閉鎖されたサイトもたくさんあるようです。

演奏例

The Four Freshmen – Charmaine (Capitol Records 1955)

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.