奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】カーン作曲”Can’t Help lovin´dat man”(愛さずにはいられない)簡単バージョン Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


このブログで紹介している曲は基本的には著作権が失効している曲です。そうでなければ、無料ではご紹介できません。そんな理由から、ちょっと古い曲が多くなります。この曲も相当古いものです。従って、初めて聞かれる方も多いかもしれません。ブログの末尾に必ず演奏の動画をつけているのも、そんな理由からです

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ
別バージョンはこちら→trumpet sheet music page2

曲の由来

この曲が含まれる『ショウボート』(Show Boat)は、1927年3月15日に初演されたブロードウェイミュージカルのタイトル。 原作は、アメリカ合衆国の女性作家エドナ・ファーバーの同名の小説『ショウ・ボート』です。

作曲ジェローム・カーン、作詞・脚本オスカー・ハマースタイン2世。リアリティあふれる登場人物が物語の展開を設定に即して歌う「ブック・ミュージカル」(book musicals)の第1号とされ、人種問題にも触れた初のミュージカルでもあります。黒人荷役のジョーの「オールマン・リバー」、ゲイロードとマグノリアのデュエット「メイク・ビリーブ」、また、ここで扱った曲のジュリーを中心に歌われる黒人霊歌のような「あの人を愛さずにはいられない」などが有名な曲です。1927年の初演以来、ブロードウェイではたびたび再演されています。

個人的には、この曲はクリフォードブラウンの演奏でよく聞いたのですが、聞いた時からどこかでこれも聞いたことがあると思っていたら、いつものように、戦前の曲が戦後リバイバルとして流行した曲でした。楽譜は原曲に近いものだけに物足りないかもしれません。もう少しアレンジしたものも後日、あげたいと思います。

演奏例

Can’t Help Lovin’ Dat Man – Clifford Brown
演奏は譜面の3段目途中からになります。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.