奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】ガーシュイン But Not For Me Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

曲の由来

“But Not for Me”ジョージ・ガーシュイン(George Gershwin)作曲、アイラ・ガーシュイン(Ira Gershwin)作詞で作られた歌曲です。
ギンガー・ロジャースのプロデュースの1930年のミュージカル『ガール・クレイジー(Girl Crazy)』のために書かれています。また、1992年のクレイジー・フォー・ユー(Crazy for You)はこのガール・クレージーをもとにしています。1943年のガール・クレージーの映画では、ジュディー・ガーランド(Judy Garland)が歌っていました。

But not for me、文字通りですが、『でも、私のためにではないのよね』という感じの意味でいいようです。前半部分は、夢を信じればかなうなって嘘っぱちだという投げやりな感じの歌で、テーマに入ってからは、彼がいろいろしていることは私のためにしていることではない、彼がやっている(ノックする、家を立てようとする等々の)ことは全て、私に対してではない。と恨み節的な内容になっています。詳しくは、訳詞のサイトがありますので、そこを見てください。私がこの曲を知ったのは、チェット・ベイカーの歌によるものでした。

演奏例

Chet Baker – But Not for Me

Miles Davis Quintet with Sonny Rollins – But Not For Me (1954)

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.