奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トロンボーン用無料楽譜】ブルグミュラー 25の練習曲『スティリアの女 』 (Burgmuller La Styrienne)Trombone sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

作曲者略歴

作曲者のブルクミュラーはドイツのレーゲンスブルクで生まれました。父はオルガン奏者・指揮者のヨハン・アウグスト・フランツ・ブルクミュラー(1766年-1824年)で、後にデュッセルドルフ市音楽監督となりました。

1832年以降は1874年に没するまでパリを中心に活動し、ピアノの小品(「25の練習曲 Op.100」や「18の練習曲 Op.109」など)や少数のオペラ、バレエ音楽などを作曲しています。アドルフ・アダン作曲のバレエ「ジゼル」の第1幕後半に「村娘のパ・ド・ドゥ」と呼ばれる5曲からなる部分を追加作曲しており、管弦楽作品としてはこれが最も聴く機会の多いものです。他にバレエ曲「ラ・ペリ」(ポール・デュカスの作品とは別物)など。

この曲の題名がどうもピアノを始める小さな子供にとっては、いきなり『スティリアの女』と若干ぶっきらぼうで、可愛くないです。この曲の題名のフランス語の読みは、スティリエンヌということで、パリジェンヌと同じです。『パリの女』という乱暴な言い方はしないはず。少なくとも、日本語のニュアンスでは同じ意味ということではないでしょう。それだけ日本語がニュアンスを伝える能力があるのであるから、日本語の題名をもうちょっと工夫すべきだと思います。

演奏例

Friedrich Burgmuller : La styrienne (Steirisch, Styrian), Op. 100 No. 14

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.