奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トロンボーン用無料楽譜】ビゼー 真珠採り「耳に残るは君の歌声」(Bizet_Pearl Fisher)Trombone sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

≪作曲の由来≫

ローマ留学から帰国したビゼーは、ローマ大賞受賞者の義務として1861年にオペラ『太守の一弦琴』(La Guzla de l’émir )を作曲しました。翌1862年にオペラ=コミック座で稽古が行われたが、直前になって中止されます。このオペラは現在に至っても上演されていません。

ちょうどその頃、アレクサンドル・ヴァレフスキ伯爵(ナポレオン1世の庶子)がリリック座の支配人カルヴァロに10万フランを差し出し、ローマ大賞受賞者で、まだオペラを作曲していない新人の手による3幕物のオペラの上演を要望していました。カルヴァロは、かねてからその楽才を認めていた(かつこの要望に当てはまっていた)ビゼーを登用することを決め、ビゼーに『真珠採り』の台本を渡すと同時に作曲を依頼しました。ビゼーは台本を読んでその内容を気に入ったため、1862年に作曲に着手します。しかし生活苦のため内職(主にピアノ用の編曲)をしていたので、完成は1863年の春までかかってしまいました。

真珠採りというと、なんとなく海女さんを連想してしまいます。海女さんというと日本ではあの白い布をまとって素潜りをする姿を思い浮かべますが、ビゼーの真珠とりはどういう格好だったのでしょう。そこで、またすぐ連想するのが、昔の映画です。相当古いので、知らない方も多いと思いますが、ソフィアローレンとアラン・ラッドの共演の映画で、『島の女』(イルカに乗った少年)というのがありました。内容は海に沈んでいる遺跡の発掘をする学者と案内人の島の娘とのラブロマンということだったと思います。当時としては超刺激的なソフィアローレンの姿ですが、それより長く記憶に残ったのは歌のほうでした。

演奏例

Placido Domingo in Pearl fishes

Boy on a Dolphin (島の女)-Julie London & Sophia Loren

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.