奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】アイルランド民謡『春の日の花と輝く 』”Believe Me, If All Those Endearing Young Charms”

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この曲は、アイルランドの詩人トーマス・ムーアが1808年にアイルランドの伝統的な歌を使って書いた人気曲です。

ムーアの妻、エリザベスが天然痘にひどく傷ついた後、彼女は自分自身を醜くて可愛らしくないと信じて部屋を出ることを拒否したと考えられています。彼女への愛を確信させるために、ムーアは「愛情のある」詩を作って、アイルランドの古いメロディーに合わせ、彼女の寝室のドアの外で歌ったということです。彼は後でこれが彼女の自信を回復し、彼らの愛を再点火したと書き残しています。

何とも意味は分からずとも、すがすがしいというか、懐かしさを感じるというか、スコットランドやアイルランド民謡などには、そんな気になります。専門的なことはわかりませんが、多分、死や生のはかなさみたいな感じが伝わるのだと思います。

Believe me, If all those endearing young charms by Jennie Oaks Baker

Believe Me If All Those Endearing Young Charms

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.