奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【フルート用無料楽譜】『荒野の果てに』クリスマスキャロル(Angels We Have Heard On High)Flute sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク


この歌は、16世紀に遡るフランスの伝統的なキャロルが元となっています。英語で一般に使われる歌詞は、1862年にジェイムズ・チャドウィックが翻訳したものです。こちらが、一般的に耳にするもののようです。

スポンサーリンク

フランス語での原題である「 Les Anges dans nos Campagnes(レ・ザンジュ・ダン・ノ・カンパーニュ)」とは、「我らが牧場(野辺)にて天使が」の意味です。(フランス語の campagne は、「田舎・田園地帯・地方」や、「戦場」というような意味でありますが、ラテン語を起源としており、古い用法としては、「平野・平地・野辺」という意味があります)。英語では、「 Angels We Have Heard on High(いと高き処に我らは聞きたり、御使いたちが)」と訳されています。

英語の翻訳の場合も、元のフランス語の歌の場合も、最初の「御使い(天使)たち」は、二行目に続く歌詞の主語となっています。フランス語の場合、「 Les anges dans nos campagnes / Ont entonne l’hymne des cieux 」と続き、「我らが牧場にて、御使いたちが、天より聖歌を歌い始めり」という意味になります。チャドウィックによる英語の翻訳の歌詞では、「 Angels we have heard on high / Sweetly singing o’er the plains 」となり、「いと高き処に我らは聞きたり、御使いたちが、牧場を越えて甘美なる歌をうたいし(ことを)」という意味になるということです。

このクリスマス・キャロルは、「Gloria(グロリア)」のチューンで普通歌われ、英語では、エドワード・シッペン・バーンズ(英語版)が編曲した曲で歌われることが多いそうです。

“Angels We Have Heard On High” Flute Ensemble

Angels We Have Heard on High Flute Quintet

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2017 All Rights Reserved.