奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】ガーシュウィン『パリのアメリカ人』冒頭部分(An American in Paris)Trumpet sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
trumpet sheet music page(トランペット用楽譜のページ)
Flute sheet music page(フルート用楽譜のページ)
Altosax sheet music page(アルトサックス用楽譜のページ)
Trombone sheet music page(トロンボーン用楽譜のページ)へ飛ぶ

曲の由来

『パリのアメリカ人』(An American in Paris)は、ジョージ・ガーシュウィンが作曲した交響詩です。『ラプソディ・イン・ブルー』に次いで、ガーシュウィンの有名な器楽曲であり、シンフォニックジャズの一例です。

ニューヨーク・フィルの委嘱を受けて1928年に発表されました。1920年代に過ごしたパリの活気に触発されて作曲された大掛かりな標題音楽であり、いわば音楽によるフランス紀行文です。特定の物語があるわけではないですが、自動車のクラクションの利用に認められるように現代の都会の生活や喧騒が、ウィットを交えて楽しく描き出されています。ちなみに本作のニューヨーク初演のために、ガーシュウィンはパリのタクシー用のクラクションをアメリカ合衆国に持ち帰っています。初演は1928年12月13日、カーネギーホールにおいてウォルター・ダムロッシュ指揮・ニューヨーク・フィル演奏により行われました。

いつか、楽譜にしたかったのですが、なかなかうまくいかず、最後までやる時間もなく、冒頭だけあげることとしました。

演奏例

ガーシュウィン: パリのアメリカ人[ナクソス・クラシック・キュレーション #コミカル]

Clifford Brown & Max Roach – Parisian Thoroughfare duplicate
こちらは、この曲をベースにしたクリフォードブラウンの演奏です。

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.